スパイシージャム

大阪出身、本格派グルーブユニット!
ボーカル&ギター・早渕恭弘のアダルトでソウルフルな歌声に、パーカッション・永瀬憲一の心揺さぶるビートが絡みつき、
シンプルかつ骨太なグルーヴをつむぎ出す。

時にポップで、時にメロウな楽曲のパフォーマンスは、気品と情熱、優しさと激しさが渾然一体。
その「ミステリアス」な世界と「癒し」の空間のメリハリがオーディエンスを魅了し、たちまち高揚感に包まれる。

2004年に結成後、2007年に上京。
70'sソウルミュージックをルーツに、J-POPにこだわったメロディラインとアーシーなアコースティックサウンドは、
アナタの生活のスパイスになること間違いなし。

2004年

【5月】大阪にて「スパイシージャム」を結成。約2年の歳月を経て、ブッチ早渕(Vo)、高木ヘンドリックス(Gt)、スパンキー三上(Ba)、ナガセ50c(Dr)の4人が出会い、バンド編成で活動を始める。

【7月】難波ロケッツでの初ライブを成功させ、その後も定期的にライブをこなしながら楽曲制作とアレンジに打ち込む。 この期間に2曲入り自主制作デモCD-R『甘い言葉/空からのプロポーズ』を制作。

2005年

【1月】ONKYOサイトにてスパイシージャム『甘い言葉』がダウンロード数で堂々の1位を獲得。 「INDIES CAFE」(au着うた)にて『甘い言葉』 配信スタート。誰よりも早くメンバーが携帯でゲット。

【4月】関西各地のコミュニティFMにてスパイシージャムが放送される。精力的にCD宣伝活動に励む。 この時期にミッドナイト岡田(Key)が加わり、より洗練されたサウンドとなる。

【11月】ZAQ PRESENTS‘CYBER MUSIC AWARD’8th(以下CMA)にて、応募総数706組、予選を経て、2005.11.27@心斎橋BIGCATでの決勝ライブにて、見事グランプリを獲得! そして2005.12.3@南港ケーブルテレビショーにゲスト出演。

2006年

【1月】「studio Groove」でのレコーディング(CMA優勝副賞)で、『甘い言葉/空からのプロポーズ』2曲入りCD『スパイシージャム』を制作。

【3月】『スパイシージャム』完成と同時に関係者へのPR活動に励む。 CMA優勝副賞として、ZAQによるスパイシージャム応援ページの開設、i-tune music storeでの楽曲配信、さらに神戸のライブハウス「VARIT」にて、『甘い言葉』のプロモーションビデオを撮影。ゲストに女性タレント、後藤さやかを起用。

【4月】大阪中津vi-codeにて、初企画イベント「辛くて甘い夜(からくてあまいよる)」を実施。大盛況で幕を閉じる。

【11月】1stミニアルバム「Spy See Jam」リリース。 (全6曲+プロモーションビデオ) 関西3店舗のタワーレコードで熱烈なプッシュを受け、着実にセールスを伸ばす。 ラジオ出演などPR活動に励み、東名阪ツアーも大盛況に終わる。

2007年

【6月】Vo.AG.ブッチ早渕、Dr.Per.ナガセ50ccの現在の形になる。
心斎橋club jungleにて主催アコースティックイベント「I’m miraclist」を行い、たくさんのファンの後押しを受け、上京。

【9月】ライブ会場限定2曲入りCD-R『感謝の響き/恋のドライブ』を発売。サポートメンバー(Gt,Ba,Key)を加え、東京でのライブ活動をスタートさせる。

【12月】「恋のドライブ」プロモーションビデオ撮影(Produced by株式会社CMサイト)

2008年

【1月】フォーライフ主催「7daysオーディション」にて、第30期セレクトアーティストに選出される。 音楽SNS・faam(ファム)の公認アーティストとなる。
地元大阪、梅田シャングリラにて主催イベント「Spicy Love Soul」を実施。久々の故郷でのイベントは大盛況で幕を閉じる。

【2月〜】「感謝の響き」プロモーションビデオ完成(Produced by HMS) 。Myspace.comにて試聴版を配信。
現在、テレビ・ラジオなどのメディアへの出演、関東・関西を中心にライブ活動、路上ライブを展開中。